2006年08月16日

実行委員長よりの挨拶


皆様

今年もサバイバルキャンプが無事に終了しました。
今年は1週間参加が約20人、参加者総数(お世話になった
方も含め)約50人と多くの方が参加しました。

1週間を通して多くの成果があり、そして今年は多くの課題も
残すサバキャンとなりましたが、それらをしっかり整理し次に活かさなければ
と思っています。

なにより怪我人をださずに今年もサバキャンを終えることができて、
安心しています。

サバキャンに参加してくれた皆さん、お世話になった農家の方々、
サバキャンを応援してくれた方々、本当にありがとうございました。

サバキャンは終わっても、僕らの活動は終わりません。
これからも宜しくお願いします。

サバイバルキャンプ2006実行委員長
戸沢竜也

posted by 風太君 at 00:45| Comment(47) | TrackBack(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7日目 byコッペ

 7時におきて、後片付けを行う。一週間つかったテントの撤収を行い、ゴミを片付ける。そして一週間の間で伸びきった芝を刈る。

41.jpg

 終了後、それぞれが一週間の感想を文章につづり、そして閉会式を行う。

43.jpg

 下はMVPとして表彰された一週間参加の女性3名と表彰した農園代表。

 45.jpg

 続いて、歴代実行委員長+代表。

 46.jpg


 文字通りに、長いようで短い一週間が終わった。

47.jpg
posted by 風太君 at 00:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

六日目 農園整備

 蒸し暑い中、朝より農園整備を行う。ハーブ園の整備、第3農園の畑作業、第2農園井戸の補修、第3農園井戸の屋根の改修作業はほぼ完成。

 最後はハーブの記念植え付けを行う。

35.jpg

44.jpg

39.jpg

 夕刻から、最終夜の打ち上げ。お世話になった農家の方々、風の学校の新旧スタッフなどが集結。最後は恒例の大根踊りで締めた。
posted by 風太君 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

サバキャン5日目 農家訪問 byコッペ

サバキャン五日目の早朝作業は、昨日つくったレイズド・ベッドに土を投入し(スコップで掘って一輪車で運ぶ)、雑草雑木取り、朝食作りなどに分かれる。

sava20061.jpg 

sava20062.jpg


 その後、5班に分かれて農家訪問に出かける。福祉農園内、見沼田んぼ内(南部領辻)、見沼田んぼ周辺(高畑、大崎、越谷恩間新田)などに分かれて、農家の方と一緒に作業を行う。

 筆者は恩間新田の山崎さんを訪問。合鴨農法でつくった田んぼの合鴨をおい、延々と草をとり、その後恩間新田内を山崎さん+スタッフの陽平君らと一緒に動く。

sava20063.jpg

 他の班とは違い、夕方まで作業を続行し、農園に戻ると、皆の良い顔が印象的だった。農園班の活躍で、井戸の屋根も新しいものに変わっていた。

sava20064.jpg 


 夜は、お世話になった方々を呼んで勉強会を開催。こちらの仕込が、呼んだ方々の重みには及ばなかったが、地元農家、若者、長老、学生、お互いの本音がぶつかるきっかけになるような、そこから新しい「学び」が生まれるような、そんな予感を感じた。



posted by 風太君 at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サバキャン4日目 by A

 夜半から朝にかけて雨が降った。今日は5つのグループに分かれて農家見学の予定だったが、残念ながら中止となった所もあった。
 Uさんの班は、燻炭を作っている農家に連れて行ってもらったり、小松菜や枝豆を作っている農家に行ったりした。作業は枝豆の出荷の手伝いなどをしたそうだ。Aさんの班は、ネズミの死骸や糞の掃除などをした。
 これらは行ったメンバーに語ってもらうのが一番なので、ここでの報告は割愛する。帰ってきたメンバーが生き生きしていたのが印象だった。

 農園班は、昨夜の勉強会で話し合った新ハーブ園を造る作業をした。
 ブラックベリーの棚を作ったり、レイズドベッドを作ったりした。レイズドベッドは、水分を嫌うハーブを高くして乾燥させて育てることができる。腰をあまりかがめないで作業できるし、車いす利用の人も土にそのまま触れることができる。試行錯誤しながら、ひとつ設置した。以下の写真はそのときの様子。

9-1.jpg

9-2.jpg

9-3.jpg

9-4.jpg

 夜の勉強会は、農家見学をしたグループの報告会。明日天気が良くなれば、今日いけなかった農家にも行って作業をする。

9-5.jpg

9-6.jpg
posted by 風太君 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

3日目昼〜夜 by A

 お昼はおにぎり(梅・鮭)、みそ汁、漬物。漬物は、畑で採れたきゅうり、おくら、みょうが、しょうがなどを小一時間漬けただけだが、とても美味しかった。大雨と格闘した身体は、とてもお腹が空いていて、皆おにぎりを何個も頬張っていた。

P1060120.jpg

 そして長めの休憩を取る。インターン生たちは疲れが溜まっていたようで、ぐっすりと昼寝していた。休憩中、お世話になっている農家のUさんが、友人の農家を連れてきた。

P1060123.JPG

 その後の作業は、クワの木に大量発生しているアメリカシロヒトリの駆除(剪定+焚き火)、ハウス入り口U字溝の掘り返し、テントの撤収などをした。皆、段取りが良く、気合も入っていた。

P1060132.JPG

 夕焼けはとてもきれいだった。思わずみんな、記念撮影をする。

P1060136.JPG

 夕食はごはんに豚ロースの燻製、豆腐などだ。雨対策として、ハウス内で食べることとなった。そんな晩飯の写真。

P1060180.JPG

 勉強会は、農園にとっての土を考える勉強会。
 協議会団体と共同で行っているハーブ園の新構想、第1〜第3農園を今後どうするかなどを議論した。ゲストには園芸関係の仕事をするSさんがお見えになり、ハーブについてのレクチャーをしてくれた。

P1060218.JPG

 サバキャンも前半戦が終わった。今日は悪天候からスタートしたが、それを乗り越えたインターン生は大きな成長が見られた。やはり「サバイバル」キャンプは、毎年このような大雨が来る。だからこそわくわくする。
 今後の天気も予断が許さないが、明日から2日間は、グループに分かれて農家訪問をする。
 いろいろと学んでいきたい。さあ、後半戦に突入だ。
posted by 風太君 at 03:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

3日目昼下がり。byコッペ

20060808132539.JPG テラス整理の後のお昼休みの風景です。

 これより一部部隊は農園に戻る。
posted by 風太君 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨天決行 サバキャン3日目午前 byコッペ

草取り、ハーブ園資材運びを行っていると、いきなりの雷。カマドまわりの防水をほどこし、その後食事の場をビニールハウスに移す。

 携帯、ラジオ等を駆使して得た情報によると、台風接近中とのこと。雨風の弱いテントを撤収し、増水した場合に水浸しにならないよう、農機具、荷物などを安全な場所に移動。そしてハウスでも居住できるような整理と、緊急時に避難するべく事務所の整理を行う。

 整理が付いた後、刃物の砥ぎ口座を行う。講師は実行委員長のリカルド。
 下の写真はその様子です。

 TS2A0141.JPG 
 
 お昼はおにぎりと味噌汁。

TS2A0142.JPG

 で、私はテラス(=事務所)整理と情報整理(明日の農家見学の確認+増水時の緊急避難場所の確保)のために事務所に戻った関係で、リアルタイム更新になりました。

 これからテラスもお昼ご飯を食べる。その様子は食事の後で更新します。
posted by 風太君 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サバキャン2日目

2日目も快晴。

7-4.jpg

日の出前は肌寒いくらいの気温だったのが、日の出と
ともにぐんぐん上昇し、今日も35度を越えた様だ。

今日の作業は普段の週末作業を土台に作業をした。
作業は草刈と第三の薪整理、デイケアわくわくとの作業を中心に農園整備をすすめた。
刈払いを始めてかけたインターン生のKくんが
取り付かれたように没頭していた。
午後には福祉農園の近くで植木農家を営むTさんの堆肥を見学さ
せていただいた。ちょっとしたハプニングもあったが、農家
訪問でお世話になるUさんとともに実りのある話を聞くことが
できた。

7-3.jpg

夜の勉強会は「行政にとっての土」ということで、Aちゃんの
調査を土台に、元県庁職員Kさん、浦和西高教師Oさんを交え
見沼の土地利用について、これまでの歴史、これからの見沼の
あり方に至るまで、白熱した議論を聞くことができた。
午後お世話になったTさん、Uさんも顔を見せにきてくださる。

7-7.jpg

福祉農園を軸に人と人とがつながっていることを実感できた濃い
勉強会だった。

明日からも気を緩めず頑張っていきたい。

byたつ

7-2.jpg

7-1.jpg

7-5.jpg
posted by 風太君 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

サバキャン1日目 by A

 サバイバルキャンプ2006「土」が始まった。

6-1.jpg

 5回目のサバキャンは、一週間宿泊するメンバーが20名近い、今までにない大人数のキャンプとなる。実行委員長のたっちゃん・リカルドを中心にした円陣で、気合を入れてスタートした。
 午前中はベースキャンプ設営で、テント張り、トイレ掃除、シソジュース作りなどをした。その他、井戸の小屋づくり、草取り、植え付けなどもする。その間、行政やマスコミを始めとする多くの方から、スイカ、生姜、唐辛子、トマト、そうめん、お茶、水などの支援物資をいただいた。ありがとうございます。
 午後も、植え付けや草取り、井戸の小屋作りなどを継続し、日が暮れるまで汗を流した。3〜4日目の農家訪問でお世話になるYさんの田んぼ(恩間新田)へ行って、合鴨の追い込みを手伝いをしたメンバーもいた。

 夜の勉強会は、僕らにとっての土を考える勉強会。グループに別れ、自分の今までの土との関わりを話し合ったあと、風の学校の各世代代表+農園代表から、福祉農園や風の学校にとっての土について語った。
 「土づくりは人づくり」。そんな福祉農園での活動を、僕らはこれまで感じてきたし、これからも実感することになるだろう。
 これから一週間、見沼の土に触れ、自分を磨き上げていきたい。
 

6-2.jpg
耕耘機をメンテナンスし、試運転する

6-3.jpg
井戸の屋根にする材木にペンキを塗る

6-4.jpg
エシャロットなどの植えつけ

6-5.jpg
シソの収穫

6-6.jpg
ドラム缶風呂に入る高校生

6-7.jpg
夕食のメインディッシュは肉じゃが

6-8.jpg
夜の勉強会を仕切る実行委員長リカルド

6-9.jpg
それぞれが土について語る
posted by 風太君 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。